元公務員がこっそり教える公務員のリアル&公務員試験の勉強法

元公務員がこっそり教える公務員のリアルな日常と公務員試験の勉強法などのブログです。

MENU

「公務員試験情報だけ」妙に詳しかったノウハウコレクター君の謎(実話)~元公務員がこっそり教える公務員のリアルvol.45~

 

勉強している人の画像


こんにちは、元公務員ttyです。

栃木県庁で5年、長野県庁で8年、計13年間を県職員(林業の技術職員)として働いていました。

いまは、ほかにやりたいことがあり、民間企業を経て独立起業しております。

(⇒ttyのプロフィールを見る)

 

今回は、 私が学生のときの知り合い(同学年の人)で、妙に「公務員試験」だけに詳しい人がいたことを想い出し、書いてみました。

 

 

「公務員試験情報だけ」妙に詳しかったノウハウコレクター君の謎(実話)

妙に試験に対する知識だけは豊富な人

 

学生のときの知り合いで、公務員試験情報に妙に詳しく、公務員を目指している人がいました。

 

ちょっとした挨拶する程度の知り合いで、それほど仲良がいいわけではなかったのですが、私も公務員試験に興味をもっていたので、会った時に共通の話題となることがありました。

 

その人はことあるごとに、「公務員は大きい仕事ができるから!」と言っていました。

うろ覚えですが「地方公務員(県庁)」を狙うといっていたような気がします。

 

そして、試験に関する情報を豊富に持ち合わせており、ことあるごとに「そんなことも知らないの?」的にいつも自慢げに語っていました(今思えばですが)。

 

私は、公務員試験を受けようと思ったのも、勉強を開始したのも、人一倍遅かったので、そういった言動を悔しがるほど、そもそも公務員試験の情報も持っていなかったし(むしろ助かったかも?)、正直、勉強もあまりしていなかったし、本当に受かるのかもよくわからなかったので、そんなもんなのか・・・くらいに感じていました。

 

あれ?受かってないの?

そんな人物なので、当然、何らかの試験には受かっているのだと思っていましたが・・・

私の知る限りでは、卒業式近くで、最後に話したときには、国家にも地方にも合格できずに、これから「検察官を受ける。」みたいな話をしていたと記憶しています・・・

 

これから試験があるのか、浪人するという意味なのか、それ以上はききませんでしたが、なんとなく覚えているのが

 

私が栃木県庁に合格していたことを知って、「県とかは残業が多くて大変らしいよ。」という、ネガティブな情報提供をして、去っていったような・・・・それ以来、その人物にはあうことはありませんでした。

嫌味をいう人のイラスト画像

その時は、「???」でしたが、

今思えば、「そんなことも知らないの~」と下に見ていた人たちが、合格して、その時は、ちょっとした嫌がらせ発言が精一杯だったのかもしれないです。

 

いや、正確に言えば、自分に元々自信がないから、強がっていたのかな・・・

 

情報収集は大切ですが、

試験情報にだけ詳しくても、実際に合格する力をつけているかは、別問題なので、くれぐれも、実践の伴わないノウハウコレクターに陥らないように注意しましょう・・・

という教訓でした。

 

これから公務員を目指す方、転職などを考えている方の少しでも参考になればうれしいです。

  

今回も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 ⇒お問い合わせフォームはこちらです。

 

 ※にほんブログ村ブログランキングに参加しています。もし、よろしければ、バナーをクリックして頂けると、ランキングに反映され、励みになります☆m(_ _)m

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

 

 

 「逐次解説 行政手続法」

試験にはほとんど関係ありませんが、公務員の仕事において、行政手続法の視点から、理解していると、本当に意味で「プロの行政マン」と言えると思います。

私はたまたま、許認可業務での対応に苦慮している時期に、必要があり、必死で勉強しましたが、行政手続法をしっかり勉強している人はベテラン職員でもあまりいませんので、絶対に一目おかれます。

逐条解説 行政手続法 改正行審法対応版

逐条解説 行政手続法 改正行審法対応版