元公務員がこっそり教える公務員のリアル&公務員試験の勉強法

元公務員がこっそり教える公務員のリアルな日常と公務員試験の勉強法などのブログです。

MENU

公務員試験って結局どれくらい勉強すれば受かるの???(勉強時間編)~元公務員がこっそり教える公務員のリアルvol.41~

時計の画像

こんにちは、元公務員ttyです。

栃木県庁で5年、長野県庁で8年、計13年間を県職員(林業の技術職員)として働いていました。

いまは、ほかにやりたいことがあり、民間企業を経て独立起業しております。

(⇒ttyのプロフィールを見る)

 

今回は、

 「公務員試験の勉強時間」について、書いてみました。

 

 

公務員試験って結局どれくらい勉強すれば受かるの???(勉強時間編)

必要な勉強時間は人それぞれ・・・

24時間営業のイラスト画像

 

たまに「公務員試験に受かるのは1,000時間勉強が必要だ。」とか「いや1,500時間だ。」という情報を見かけることがあります。

 

情報の出どころはよくわかりませんが、必要な「勉強時間」は、おそらく人によって異なるはずです。

 

しかし、一方で公務員試験で、「やるべきこと」はある程度セオリーがあると思います。

 

ざっくりと言えば、以下のとおりだと思います。

 

私が考える公務員試験のセオリー)

 

  • 知能問題(数的推理、判断推理)は、徹底的に取得し、取れるようにする(とくに数的推理)。
  • 知識問題は、得意又は取りやすい数科目に絞る。
  • 専門試験は、過去問をテキストにし、正答だけでなく、誤りの回答も「何故、誤りなのかを明確にできるようにしておく。

 

 (参考記事)

www.tty-koumuin.com

 

必要なやることは決まっているけれども、それに「何時間かけるか」は、取得までに要する時間が人により大きく違います

 

知識問題のレベル的には大学入試センター試験より簡単なので、センター試験での得意科目は簡単に得点源になります。

 

大学入試センター試験の経験者かそうでないかによっても、変わると思います。

 

私の場合は、「生物」とか「世界史」とかが学生の頃得意だったので、ちょっと勉強するだけで、得点源になりました。

 

数学や英語が得意な人もたやすく得点源になります。

 

このように、その人のバックグラウンドによって、かなり左右されるので、一概に〇〇時間必要という風に割り出せることの方が不思議です。

 

1,000時間とか1,500時間も必要ない・・・

勉強している人の画像

個人差はあると思いますが、

公務員試験に1,000時間以上の勉強が必要だとは、個人的には思いません。

 

私の場合、以下のような勉強時間でした。

 

学生のときに栃木県庁を受けて合格したとき

(国家Ⅱ種も一次試験は受かって、面接前に辞退)

 

5(時間/日)×60(日)=300(時間)

※そもそも、1か月半くらいしか勉強していないので、多く見積もっても、実際には、60日もなかった気がします・・・・

 

www.tty-koumuin.com

 

栃木県庁で働きながら長野県庁を受けて合格したとき

 

1(時間/日)×365(日)=365(時間)

※電車通勤30分×往復が基本。実際には、毎日でなかったので、365日より少ないと思います・・・・

 

www.tty-koumuin.com

 

栃木県庁を受けた時、長野県庁を受けた時、いずれも、1,000時間どころか、500時間にも達していないと思います。

それでも、受かりました。

 

一年以上予備校に通っても受からない人もいます。

 

決して自慢をしたいわけではなく、言いたいことは

時間が大切ではありません。

忙しい社会人であっても、

必要なこと、不必要なことを見極めて、集中してとりくめば、公務員試験の合格は十分可能だと思っています。

 

私が学生の頃、4年生の2月頃、公務員試験の話をゼミの教授にしたところ、「もう(勉強しても)遅いよ。」と吐き捨てられるように言われました。

 

それでも、私は現役合格しました。

 

その教授は、かなり驚いていました。

「ざまーみやがれ!」(・・・とは言いませんでしたが。)

 

大学の教授は、公務員試験を受けたことがありませんし、受かったこともありません。

見聞きした他人の情報と自分のイメージで話しているにすぎません。

 

実際にやったことのない人の雑音など、無視して、やりたければ、やりたいだけチャレンジしましょう。

 

勉強してなくても受かるときと受かるし、

勉強していても受からないときは受からない。

 

公務員試験合格ということに、必要以上にステータスを感じている人もたまに見受けられますが

案外、試験とはそんなものです。

 

そして、試験勉強したことは、残念ながら、実際の仕事力には、ほとんど関係がありません。

「首席合格しました。」とか「〇位合格しました。」というのは、その瞬間のその人の自信にはなるかもしれませんが、その後の仕事や昇進などには全く関係がありません。

飛距離160mのホームランでも飛距離90mのホームランでも、野球の試合での価値に違いはありません。

 

これから公務員を目指す方、転職などを考えている方の少しでも参考になればうれしいです。

  

今回も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 ⇒お問い合わせフォームはこちらです。

 

 ※にほんブログ村ブログランキングに参加しています。もし、よろしければ、バナーをクリックして頂けると、ランキングに反映され、励みになります☆m(_ _)m

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

 

「高畑敦子の数的推理の大革命!」

通称「ワニ本」と呼ばれ、公務員試験では広く定評のあるテキストです。

これを見ると、知能問題といいつつも、パターンを覚えるだけで、対応できることがよくわかります。

数的推理はこのテキストをマスターすれば十分です。