元公務員がこっそり教える公務員のリアル&公務員試験の勉強法

元公務員がこっそり教える公務員のリアルな日常と公務員試験の勉強法などのブログです。

MENU

【公務員の休暇は?公務員の有給はどれくらいあるの?とりやすいの?】vol.8

休日の画像



こんにちは、元公務員ttyです。

(⇒ttyのプロフィールを見る)

 

就職先の条件として、「給料」と並び、重視される「休暇」。

 

今回は、公務員の休暇について・・・

「どれくらいあるの?」、「そもそもとれるの?」、「とりやすいの?」などについて書きたいと思います。

 

 

 

 

公務員の休暇は?どれくらいあるの?とりやすいの?

休日のカップルの画像

 

 

基本はカレンダーどおり

地方公務員(県職員、市町村職員)も国家公務員もほぼ同じです。

 

基本は、土日祝日が休みです(医療関係など除く)。

年末年始は、12月29日から翌年1月3日までが休みです。

 

俗にいう「お盆休み」はありません。カレンダーどおりです。

但し、「夏期休暇」として、5日~6日の休暇が与えられます。

日数は自治体などによって若干異なるようです。

栃木県庁は6日でしたが、長野県庁に入ったら5日でした。

 

夏期休暇は7月から9月の間に取得することになっており、お盆中などに取得する人も多いですが、庁舎自体は休みではないので、誰もいなくなるわけにいかないため、交代で取得することになります。

 

県外出身者などは、帰省のため、お盆に長く夏期休暇をとる傾向があり、その場合は事情を考慮して、職場でも比較的優先され、休暇を取得できると思います。

私は、長野県出身ですので、栃木県庁に勤務しているときは、県外出身者でした。

そのため、比較的お盆に休みがとりやすかったです。

 

公務員の有給はどうなのか?

有給の日数

「年次休暇」という名称の有給があります。

年間20日間付与され、翌年1年間だけ20日間繰越できます。

よって、最大40日間の有給を取得することができます。

 

それでも年間10日間もとれればいい方なので、何年か働いているとだいたい、年の初めには40日間の有給をもっていることが一般的です。

 

有給は取りやすいの?とりにくいの?

民間企業でも言えると思いますが

有給の取得のしやすさは、どれくらい忙しい部署にいるか、またはどういうメンバー(上司)かによります。

 

出先機関(地域振興局などの地方機関)などにいる場合は、比較的仕事の負担が少ないので、取得するのはそれほど大変ではないですが、

 

本庁などにいる場合は、そもそも自分の仕事が多すぎて中々終わらなかったり、ストレスが溜まっている人が多いので、休みを取りにくい雰囲気です。

 

また、その仕事の担当が「自分一人」みたいなこともあるので、問い合わせなどが頻繁にある仕事などでも、長期休みがとりにくい場合もあります。

 

私は、がんばっても年間の有給取得日数は10日いくかいかないかでしたので、毎年10日程度は、有給が自然消滅していました。

(日本人の平均の有給取得は5日間らしいので、それは超えるようにしていました。)

 

何の仕事でもそうですが、長期的なスケジュールからみた仕事のやりくりと、職場でのコミュニケーションが有給の取得には必須です。

 

まとめ

土日祝日は必ず休みになるので、子どもの行事などには合わせやすいというメリットはあります。

また、実際に全てを取得するのは難しい面もありますが、有給の付与日数自体はかなり多い部類ではないでしょうか。

 

私は、民間の中小企業でも働いたことがありますが、有給は少なかったですし、入社してすぐに有給がありませんでした。

公務員であれば、入庁してもすぐに20日間付与されるので、安心ですね。

 

比較的忙しくない部署に配属され、仕事のペースがつかめれば、有給も計画的に取得できるので、休暇については、なかなかいい待遇だと思います。

 

これから公務員を目指す方、転職をお考えの方、なったばっかりの方などに、少しでも参考になればうれしいです。

 

今回も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

⇒お問い合わせフォームはこちらです。