元公務員がこっそり教える公務員のリアル&公務員試験の勉強法

元公務員がこっそり教える公務員のリアルな日常と公務員試験の勉強法などのブログです。

MENU

【県職員の初任給はどんなもんでしょうか?】vol.3

お金の画像



こんにちは、元地方公務員ttyです。

(⇒ttyのプロフィールを見る)

 

 

今回は、地方公務員(県職員)の初任給などについて書きたいと思います。

 

総務省が実施している「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査結果」によると、全都道府県の初任給平均は

  ¥183,554円だそうです。

 

参考URL

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/kyuuyo/h29_kyuuyo_1.html

 

 

ちなみに、私はが10数年前に、某栃木県庁に入ったたときは、178,000円くらいだったように記憶しています。

今のデータをみると6千円くらいあがってますね。

 

でも東京都が平均程度で、地方より低いのは何でなんでしょう?

私が就職したころは、東京などの物価の高い都道府県は、初任給も高く、20万円を超えていたように思えるのですが・・・

東京都庁厳しいですね・・・

 

ここから、社会保険料や年金などが引かれますので、手取りが14万くらいになってしまいます。

やばい!生活苦しい!と思ったのですが・・・

実は、これ以外にも「手当」というものが支給されるため、実際の手取りは

(手取り)=(給与)+(手当)ー(社会保険料

といった金額になります。

 

新人のときは、まだ手続きが済んでいなかったので、手当が支給されていない状態でした(翌月に2カ月分支給)

 

手当には、

  • 超過勤務手当(残業代)
  • 扶養手当
  • 住居手当

などがあります。

入庁したばかりのころは、それ以外に「日当」とういう謎の手当が支給されていました。

出張するとこの「日当」が支給され、役職によって支給額はかわりますが、入ったばっかりの私ですら2,000円/日も支給されました。

 

給料をもらっているのに何故、日当がダブルでもらえるのか未だによくわかりません。

さすがに、そこは世の流れ、私が就職した年の5月にはこの制度は撤廃され、私が実際にもらったのは2カ月ほどでした・・・・。

 

私は林業関係の仕事をしており、現場に出ることが多い仕事だったので、月に5~10日ほど出張することもあります。

 

これだけで月に1~2万円になる。一年で10~20万、10年で100~200万・・・ちょうど車を買い替える周期だし、購入費用にあててはどうかなあ・・・

なんて思っていましたが、あっさりと無くなりました。

自分たちでもおかしいなと思うものはやっぱりおかしいんですね・・・うん。

 

独身のうちは住居手当が一番大きく、算出式がありますが、だいたい家賃の半分ほどが支給されます(上限あり)

 

家賃5万円なら、2万5千円くらいです。

 

超過勤務手当(残業代)などもろもろ、あわせて20万円弱の手取りだったと記憶しています。

 

生活はできますが、若いうちは、なかなか貯金が増えないなあ・・・という印象でした。

 

民間企業に就職した友人たちと比較しても、どちらかと言えば低い方でした。

 

 

給与体系としては、最初はなんとか生活できる程度で、ゆっくりと上昇。

子どもが生まれたり、家族にお金が必要になってくる頃に、やや急に上がってくるといった感じです。

 

結婚して子供が生まれたりする頃、30~35歳くらいになると、急に給与が上がる時期があるのですが、

それはまた、別記事にて触れたいと思います。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。